全ての個室が車イスとベビーカー対応

待合室

診療室(1)「CARE」

滅菌コーナー

X線室

カウンセリングルーム

診療室(1)「CURE」

診療室(2)「CURE」

消毒コーナー

受付

診療室(2)「CARE」

洗面所

トイレ

技工室1

技工室2

1.治療とメインテナンスのエリアを分ける理由

受診目的を自覚してもらう為

医院の入り口を入って右手に進むと「治療エリア」、左手に進むと「メインテナンスエリア」 になります。患者さんご自身に受診目的を自覚していただきたいという考えの元、入口を別にしております。受付スタッフより、次回の診察エリアをご案内します。詳細についてはお気軽にお声かけください。

広い個室をご用意しております。すべての個室がベビーカー同伴で治療可能です。他の方の目を気になさらず、親子で受診くださいませ。

2.完全個室

全室完全個室が必要な理由──

プライバシーを保護、感染予防対策を第一に考えると、完全個室にせざるをえません。
院内感染対策が厳しい欧米では、感染対策のために完全個室にすることが当たり前になっています。日本のようなパーテーションのみで区切られるだけでは歯の切削粉じんが他の患者さんやガーゼ缶に飛び、交叉感染の可能性があります。

ドイツ製 シロナ社のチェアを採用

当院は、ドイツ製のシロナ社のチェアーを使用しております。座り心地がよく、長時間でも患者さんに負担をかけることなくリラックスした状態で治療が受けられます。

3.キッズ専用診察ルーム

まだ歯が生えたばかりのお子様や、初めて歯科へ受診するお子様を診察する専用ルームを設けています。今まで歯科医院へ通うことが難しかった4才未満のお子様のため、診察台のない、洗口コーナーとキッズスペースだけの部屋です。4才以上の恐怖心の強いお子様も、キッズ専用診察ルームから診療を進まさせていただきますので、ご安心ください。

ベビーカーのまま治療ができます

キッズ専用室はベビーカーのまま入り、そのまま診療を受けることが できるようになっています。
さらにキッズスペースもご用意し、お子さまが遊んでいる間に保護者さまとゆっくり診療方針をお話しできるようにしています。

4.衛生面のお約束、消毒・滅菌コーナー

当院から衛生面の7つのお約束

  • (1)最も汚染されやすいチェアサイドに、カーゼ缶やバースタンドを絶対に置きません。
  • (2)治療の時に使うフェイスタオルを使い捨て、もしくは持参していただきます。
  • (3)グローブで診療機器以外は触りません。
  • (4)患者さんごとにチェアーをクリーニングします。
  • (5)患者さんごとにタービン(歯を削る機械)を滅菌します。
  • (6)全ての機器を、洗浄消毒もしくは滅菌します。
  • (7)感染対策・地球環境保全のため、患者さんご自身で「マイコップ」、「マイタオル」をお持ちいただきますようご協力よろしくお願いします。(お持ちでない場合には、当院でご用意いたしますのでご安心ください。)

6.カウンセリングルーム(相談室)

カウンセリングルームにて治療説明をさせていただきます。歯が出来るだけ長持ちする方法を順にご提案させていただき、治療方法を選択していただきます(インフォームドチョイス)。ご不明な点はお気軽におたずねください。

6.X線室

放射線量が少なく、正確な診断ができる最新の機器を使用しています。

ページの船頭へ戻る