• 0歳からはじめる予防歯科
  • 成人からはじめる予防歯科
  • 60歳以上の方の予防歯科

オリオン歯科・矯正歯科が提案する予防歯科に必要な3つのこと

1.予防歯科に対する正しい知識をもつ

予防歯科というと次のようなことを考えませんか?

  • ・チョコレートなどおやつを食べてはいけない
  • ・フッ素を塗ればむし歯を予防できる
  • ・歯磨きは1日3回しなくてはいけない
  • ・子どもを産んだら歯が弱くなる

これらの情報はすべて間違いです。オリオン歯科・矯正歯科では、お子様にも保護者の皆さんにも予防歯科の正しい知識をお伝えしています。

2.家族全員で予防歯科を行う

「お子さまは歯医者が嫌い」そんなイメージはありませんか?それは、周りの保護者の方が与えているかもしれません。
お子さまの前で、「今日は歯医者だから嫌だな…」とか「歯の治療は痛い」など言っていませんか?
このような発言は、お子さまの歯科に対する悪いイメージを与えてしまいます。
お子さまの歯を健康に保つためには、まずはご家族の協力が必要なのです。

3.健康な歯は食事から

「むし歯にならないために◯◯を食べてはいけない」というイメージが浮かびますが、歯を健康に保つためには食事がとても大切です。
健康な歯があるからおいしい食事ができる、食事が楽しいから健康な歯を保つ、そんなお子さまに負担がかからない予防歯科をはじめませんか?

大切な我が子に虫歯になりにくい口内環境をプレゼント

0歳からの通院は大変かと思います。
しかし、虫歯になってからの通院はもっと大変です!

「歯医者は痛いよ」 「むし歯になったら歯医者に行かなきゃいけないよ」 「ちゃんと歯みがきしないと歯医者に連れてくよ」

お子さまにこんなふうに話していませんか?
こんな話しをされて、いざ治療なんて大人でもなかなか出来ませんよね。


歯医者が恐いところ…というイメージをなくすために

「むし歯が痛くなって歯医者に行ったら、機械を使って痛いことをされた」お子さまのこんな体験が「歯医者=怖い」というイメージを植え付けているのです。しかし、お子さまにむし歯さえなければむし歯や治療で痛い思いをすることはありません。

こういったイメージをなくすために、必要なことは実に単純です。それは「むし歯になる前に受診し、むし歯予防の正しい知識を持ち、おうちで実践する」こと。積極的にむし歯予防ができ、将来的に自分の歯の健康を守ることができるよう、歯科受診の習慣を身に付けさせてあげましょう。

スウェーデンに学ぶ!予防の大切さ

予防先進国に見習って、むし歯「0」を目指す!

キシリトールなどで有名な予防先進国スウェーデンでは、定期的な歯科受診率はなんと90%以上!20歳まで歯科への受診が義務化されています。そのため、子どものときから歯科医院に定期的に通う習慣があり、成人になってからもそれは続きます。その結果、ほとんど虫歯になる人はいません。一方、日本の場合はわずか2%。子どものほとんどがむし歯にかかり再発を繰り返します。30代の多くは入れ歯の予備軍、60代の多くは入れ歯などで歯の機能を補っていると言われています。定期的にメインテナンス(健康維持)を受けるか否かで、将来的なお口の健康に大きな違いがあることがおわかりいただけるでしょう。

20歳でもむし歯「0」に!

0歳児からはじめよう!食事指導からの予防歯科

歯が生えるのをきっかけに当院にお越しください

「オリオン歯科・矯正歯科」では、今まで見過ごされてきた0~3歳までのお子さまへの予防指導に力を入れています。虫歯になる時期の前に受診していただき、大切な我が子に虫歯になりにくい口内環境をプレゼントしましょう!また、お子さまのうちからお口の状態を歯科医師に診せることで、歯並びへの対応も早急に行えます。

当院では、0歳のお子さまから食事指導を含めた予防を行っています。初めの歯が生後6ヶ月ごろに生えてきますので、歯が生えてくるのをきっかけに受診していただくとよいでしょう。

また、「歯が生えてくるか心配」「赤ちゃんへの口腔ケアを教えてほしい」といったご相談もお受けしています。

オリオン歯科・矯正歯科では、お子さまが治療が受けやすいように次のような配慮をしています。

  • ・ベビーカーのまま治療室に入ることができます。
  • ・お子さまの扱いに慣れた歯科医師が診察いたします。
  • ・ベビーシッターが常勤しています。

60歳以上の方の予防歯科

健康貯金は「食」からです!

  • ・もう手遅れなんじゃ…
  • ・もう入れ歯だし…
  • ・私は歯が弱い…

そんな事はありません。好きなものを食べられるかどうかが、健康長寿に大きく関わっている事がわかって来ました。咬める入れ歯を手に入れましょう!健康長寿は「食」からです!
また、認知症の発症に大きく関わっているという報告も愛知県から出て来ています。

歯を失うと認知症のリスクが最大1.9倍に

歯を失うと認知症のリスクが最大1.9倍に

※画像をクリックするとPDFが開きます。

成人の予防歯科

痛くなってから週1回、2ヶ月くらい治療に通う。もしくは安定した状態で3ヶ月に1回30分のメインテナンスを受ける。どちらが現実的で、歯が長く持つでしょうか?

もう手遅れでは?今更、間に合うのかしら?

予防歯科はいつでも始められます!

もちろん、状態が悪い歯は治療が必要です。いかし、大事なのは治療後です!治療後が、予防歯科のスタートです! 是非、担当の衛生士と相談し、無理の無い予防方法を探っていきましょう!

治療の流れの紹介はこちら

ページの船頭へ戻る