診療メニュー

むし歯治療

当院は、むし歯治療において極力歯を削らずに、今ある歯をできる限り残す「MI治療」を採用しています。

MI治療

MI治療の定義

「MI治療=歯を削らない治療」ではありません。当院ではMI治療の定義に基づき、口腔内細菌叢の改善、患者教育など口腔内環境改善のための包括的なアプローチで治療を行っています。

  • 1. 口腔内細菌叢の改善
  • 2. 患者教育
  • 3. エナメル質(歯の白い部分)および象牙質(歯の内側の部分)のう蝕(虫歯)で、まだう窩(虫歯の穴)を形成していないう蝕の再石灰化
  • 4. う窩を形成したう蝕への最小の侵襲(削ること)
  • 5. 欠陥のある修復物(治した部分)の補修

当院のMI治療

MI治療を受けていただくには、診察やレントゲン撮影だけでなく唾液検査を含めたリスク評価を行う必要があります。リスク評価によって、MI治療が行えるのか、歯を削る必要があるのか、経過観察で良いのかを診断します。

当院では、以下の場合には歯を削る選択をしています。視診だけでなく各種検査、評価を行った上でのむし歯治療を徹底しています。

  • 1.歯面を清掃乾燥させた状態で肉眼あるいは拡大鏡でう窩(虫歯の穴)を認める場合
  • 2.物が挟まる、しみるなどの自覚症状がある場合
  • 3.見た目の色に変化がある場合
  • 4. X線写真で象牙質層(歯の内側の組織)に3分の1を超える病変を認める場合
  • 5.むし歯になるリスクが高い場合

セレックは長持ちします「10年で90%以上が残存!」

この長期にわたる調査の対象は、ある歯科医院の計794名の患者に対してチェアーサイドで装着された2,328件のCERECインレーおよびオンレーです。1990年から1997年にかけ使用されたシステムは、CEREC 1で、1997年から1999年にかけ使用されたシステムはCEREC 2システムです。44本の歯牙をランダムに選択し、走査電子顕微鏡による調査を行いました。平均マージンギャップは236 μm~96.8 μmです。
9年後の成功率は95.5%で、不成功で終わった修復物は35例のみです。そのほとんどは抜歯が原因によるものです。不成功と修復物のサイズまたは装着部位との間に相関関係はありません。

CP治療の残存率曲線

CP治療の残存率曲線

調査当時のCEREC 1とCEREC 2は、現在のレベルの治療精度に達しておらず、接着(大規模充填の合着材を使用)の品質も現在の標準に対応していませんが、9年後の残存率95.5%という数字は、優秀な結果です。

出典:Posselt A, Kerschbaum T, Longevity of 2328 chairside CEREC inlays and onlays, Int J Comput Dent; 6: 231?248

<引用元サイト>http://www.sirona.co.jp/ecomaXL/index.php?site=SIRONA_JP_cerec_klinische_studien_langzeitverhalten

セレック(自費)

通常、審美歯科で用いられることの多いセレックですが、当院では、歯の切削を最小限に抑えるためや、歯の神経をできるだけ保存するために通常のむし歯治療にも使用しています。

特徴

むし歯が大きくても、金属で治す場合に比べて削る量が3分の1~2程度になります。
またむし歯が大きくても、金属治療に比べて歯の神経を残せる可能性が高いのが特徴です。
再度、歯が悪くなった場合でも、継ぎ足して補修することができ、セラミックブロックを使用するため、長期予後が優れています。(10年で95%以上の残存率)

ページの船頭へ戻る

審美歯科

「歯を白くしたい」「歯並びを整えたい」「銀歯を白い色に変えたい」

そのようなご要望を叶えるのが「審美歯科」ですが、オリオン歯科ではそこに「機能」をつけ加えます。

オリオン審美歯科=奇麗な白い歯+本来の機能

本来の審美歯科は、見た目だけでなく機能が重要です。
ただ銀歯を白い詰め物・被せ物に交換しただけでは本来の機能を獲得するのは困難です。気になるお口の見た目を改善して、ワンランク上の美しい口元を手に入れるだけでなく、「歯」本来の機能の獲得にも留意してください。

オリオン歯科の審美歯科

当院では、患者さんのご希望に合わせて最適な治療方法をご提案しています。まずはお気軽にご相談ください。

ページの船頭へ戻る

ホワイトニング

歯を削ることなく、薬剤を使用することで歯を白くすることができるホワイトニング。ワインやコーヒーなど飲食による歯のくすみや、加齢による歯の黄ばみを白くできます。

ホワイトニングには主にオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあり、患者さんのご希望やお口の状態に合わせてお選びいただけます。

オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
歯科医院にて行うホワイトニングです。薬剤を歯に塗布し、特殊な光を照射して歯を漂白します。処置は短時間で終わります。 ご自宅で行えるホワイトニングです。患者さん専用のマウスピースに薬剤を塗布して歯に装着して歯を白くします。2週間ほどかかります。

オリオン歯科のホワイトニング

当院では、患者さんのご都合やご希望に合わせて、最適なホワイトニング方法をご提案しています。歯の黄ばみやくすみが気になっている方は、ぜひホワイトニングをご検討ください。まずはお気軽にご相談ください。

ページの船頭へ戻る

口呼吸・矯正治療

矯正治療とは、矯正装置を使って歯を正しい位置に動かし、歯並びや咬み合わせを整える治療法のことです。矯正治療を行うことできれいな歯並びになるのはもちろん、むし歯や歯周病に対してのリスクが軽減されます。
また、前歯だけ並べたい等の部分矯正も可能です。

歯並びが気になるなら一度ご相談ください

当院ではお子さまから大人の方まで、患者さんのお口の状態に合わせて矯正治療を行っています。「お子さまの歯並びが気になる……」「口元のコンプレックスを解消したい」という方はぜひ一度ご相談ください。

小児矯正治療

小児矯正治療

子供の歯列不正は、口呼吸との関連性が指摘されるようになってきました。
口呼吸の時間が長い場合、気道が細くなったり、顎骨の成長がうまく進まない可能性があります。
しかし、6歳臼歯が生える前でしたら、顎骨の成長をトレーニングでサポートする筋機能訓練が適応できる場合もありますので、ご相談ください。
子供の歯の歯列状態によって、永久歯が綺麗に並ぶかある程度予測できます。
ステージに合わせた小児矯正の方法を一緒に探しましょう。

小児矯正治療

ページの船頭へ戻る

インプラント

より安全なインプラントの為、オリオン歯科のインプラントは次の世代へ

CAD/CAMセレック+歯科用CTによる 診断からのデジタル設計

サージカルガイドによる正確な施術

メスを使わない施術

最適な治療法をご提案いたします

歯の将来のことをご相談ください

当院では、インプラント、入れ歯、ブリッジいずれの治療も行っており、患者さんのご希望やお口の状態に合わせて最適な治療方法をご提案しています。歯を失ってお困りの方は一度当院までご相談ください。

無痛治療について

痛いのが嫌いな方に……

治療の痛みに不安を抱えている方は多いのではないでしょうか? 

痛いと感じる理由は2つあります。
①粘膜に貫通するときの痛み
②液薬が広がる痛み

当院では、この2つの痛みを最小限に抑えるために、表面麻酔と自動麻酔機による無痛治療を行っています。少しでも痛みを軽減し、恐怖心を抑えた状態で治療を受けていただく事を心がけていますが、炎症が強い場合には効果が少なくなりますので、痛みの無い時期に処置できるよう早めに受診して下さい。
歯科治療に対して不安をお持ちの方、痛みに弱い方はぜひ一度ご相談ください。

ページの船頭へ戻る

予防歯科

世界の歯科医院は「治す場所」から「守る場所」へ

歯を失わないための治療の流れ

オリオン歯科では、唾液検査などによるリスク評価→治療→治療後の定期的な予防を一連の治療の流れとしており、目先の病気の治癒ではなく、長期的な歯の健康を保つことを大切にしています。

リスク評価と予防の下準備(4回) 歯周病治療 本格治療開始 再評価/メインテナンスの準備 メインテナンス
(健康維持)
  • ・口腔内写真
  • ・レントゲン撮影
  • ・歯周基本検査など
  • ・歯のクリーニング
  • ・歯石除去
  • ・ブラッシングなどホームケアの確認
  • ・虫歯・歯周病治療
  • ・矯正治療
  • ・インプラント
  • ・審美治療など
  • ・口腔内写真
  • ・歯周検査
  • ・唾液検査など
  • ・定期検診
  • ・歯周病検査
  • ・歯のクリーニング

治療で健康な口内環境を手にいれたらゴールではありません。治療完了は、この口内環境を守っていくためのゴールではなく、スタートなのです。健康な口内環境を失い、再び目に見えない治療の恐怖と不安をなくすため、あなたのお口の状態に合った定期メインテナンスを受けてください。10年後、20年後、そして次の世代のために……。

≫治療の流れの詳細はこちら

ページの船頭へ戻る

MI治療

MI治療というのは、「極力歯を削らずに、今ある歯をできる限り残す」という考えの治療法です。

  • 歯をできるだけ削らないから、痛みを伴うことがあまりありません。
  • 時間がかからないので早く治療が終わりますし、ほとんどの場合、1日で虫歯が治ります。
  • 白い材料を使うので、どこを治療したのか分からないくらい自然できれいに仕上がります。

切削対象となる虫歯の状態は?

  • 1. 歯面を清掃乾燥させた状態で肉眼あるいは拡大鏡でう窩(虫歯の穴)を認める。
  • 2. 食片圧入(物が挟まる)や冷水痛(しみる)などの自覚症状がある。
  • 3. 審美障害(見た目の色)の訴えがある。
  • 4. X線写真で象牙質層(歯の内側の組織)の1/3を超える病変を認める。
  • 5. う蝕リスクが高い。

 セレック(自費)

通常、審美歯科で用いられることの多いセレックですが、当院では、歯の切削を最小限に抑えるためや、歯の神経をできるだけ保存するために通常のむし歯治療にも使用しています。

特徴

虫歯が大きくても、金属で治す場合に比べて削る量が3/4くらいになります。
また虫歯が大きくても、金属治療に比べて歯の神経を残せる可能性が高いのが特徴です。
再度、歯が悪くなった場合でも、継ぎ足して補修することができ、セラミックブロックを使用するため、長期予後が優れています。(10年で95%以上の残存率)

ページの船頭へ戻る

衛生面のお約束、消毒・滅菌

当院から衛生面の7つのお約束

(1)最も汚染されやすいチェアサイドに、カーゼ缶やバースタンドを絶対に置きません。
(2)治療の時に使うフェイスタオルを使い捨て、もしくは持参していただきます。
(3)グローブで診療機器以外は触りません。
(4)患者さんごとにチェアーをクリーニングします。
(5)患者さんごとにタービン(歯を削る機械)を滅菌します。
(6)全ての機器を、洗浄消毒もしくは滅菌します。
(7)当院では「マイコップ」、「マイタオル」を推進しています。
感染対策・地球環境保全のため、患者さんご自身で「コップ」、「タオル」をお持ちいただきますようご協力よろしくお願いします。 (お持ちでない場合には、当院でご用意いたしますのでご安心ください。)

ページの船頭へ戻る